【ポート開放もhamachiも必要なし】マイクラ自宅鯖の立て方

どうも、コメントをもらうようになってテンション爆上げのnovaです。

サーバーを立てるとき、一番の大変なのがポート開放ですよね。
中にはポート開放できない人もいて(プロバイダとの契約上)、その方はほかにVPSを借りたり、Hamachiを使ってサーバーを立てることしかできません。

けど、「hamachiって怖いって聞くからなぁ」(本当の安全性について筆者は知りません)とか「VPS高いしなぁ」っていう思いがあると思います。

実は、それらを使わなくても無料で自宅サーバーを立てられる方法があるんです!!
今回は、その方法について書いていきます。

Windows前提で話を進めていきます。
クライアント版でのライセンスがどうたらこうたら~同時接続人数に制限がある~等の説明は省きます。
それらについての責任は一切取りません。

※ならLinuxでの説明すればよくね?て思われるかもしれませんが、linux使えるなら自力でわかるでしょう(注釈の内容はわからないなら無視してください)

注意点

  • 海外プロキシサーバーを経由するので、少しラグくなる
    自分の環境では、350ミリ秒遅延がありました(ポート開放だと、高くても50ミリ秒[環境による])
  • ngrokを閉じるたびに接続先アドレスが変動する
    サーバーを起動するたびに新しいアドレスを教える必要があります(有料プランでは固定可)

このような注意点があるので、大規模サーバーには不向きです。
遅延に関しては、落下した後、ちょっと経ってからダメージを食らったりします(PvPサーバーなどには不向き)

よほど遅延が気になるようなら、VPSの利用を検討したほうがいいです。
↓おすすめ

ポート開放無しでサーバー構築を可能にするNgrok

早速作業を始めていきましょう。

アカウントを作成する

https://dashboard.ngrok.com/signupへ移動します
「Name」に名前、「E-mail」にメールアドレス、「Password」にパスワードを入力します。
「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「Sign Up」で登録します。
ロボットならチェックを入れないで、どっか行ってください

GithubやGoogleアカウントを使ってログインすることもできます。
その場合メアド等の入力が不要ですし、管理が楽だと思います。

有料版の登録をしない限り請求はされないのでご安心下さい。

ngrokをダウンロードする

こんな画面(https://dashboard.ngrok.com/get-started/setup)に移動すると思うので、「Download for Windows」をクリックします。

ダウンロードしたzipファイルを解凍して、ngrok.exeを適当なフォルダに保存します
このソフトはインストール不要です

アカウントを紐づけ

この状態ではまだアカウントがダウンロードしたngrok.exeに認識されていないので、設定をします。

https://dashboard.ngrok.com/auth/your-authtokenに移動します

上に表示されてるトークンを「Copy」をクリックしてコピーします
これはアカウントの認証に使われるキーなので、他の人に教えないでください!

そしたら、ダウンロードしたngrok.exeをダブルクリックして起動します。
黒画面(コマンドプロンプト)が出てくるので、そこに

ngrok authtoken トークン

を入力して実行します。

これでアカウントが紐づけされました。

ngrok起動

さっき開いた黒画面(閉じていたらngrok.exeをダブルクリックして再度開きます)に、

ngrok tcp 25565

を入力して実行します。

これでngrokが起動し、ソケット(ネットから送られてくるデータ)を自分のPC(サーバー)に転送できるようになりました!
この黒画面はサーバーを動かしている間、開いたままにしておいてください

サーバーを起動

では、マイクラサーバーを起動しましょう!
筆者はとりあえず公式サーバーソフトウェアを使うことにします。
SpigotやPaperなど、ほかのサーバーソフトも使えます。

起動やセットアップの仕方は省略します。

サーバーに接続

ではでは!サーバーに接続してみましょう!!
さっき開いたままにしておいた黒画面を見てください。

黒で囲ったアドレスをコピーしておきます(tcp://は不要です)
※環境によってアドレスは異なります。

マイクラを起動します。
「マルチプレイ」の「サーバーを追加」で「サーバーアドレス」に先ほどコピーしたアドレスを入力します(:以降も忘れずに!!)

サーバーに接続します。

ほーらできた!!

他のプレイヤーにも同じアドレスを教えます(グローバルIPとは別物なので、サーバー主もほかのプレイヤーも同じアドレスで接続します)

チェックも成功!!↓

まとめ

ポート開放無しでサーバーを動かせるようになったことで、少しサーバー運営のハードルも下がったのではないでしょうか?
このような素晴らしいソフトウェアを開発してくださった方々に感謝です!!

ちなみにですが、このngrokはマイクラサーバー以外にもwebサーバー公開など、幅広い用途で使えます。




<NPサーバー>

マインクラフトサーバーを運営しています!

  1. 統合版、Java版どちらでも参加できます!
  2. 経済、サバイバル、PvP(実装中)など、様々な遊び方があります。
  3. 年齢は問いません!

是非ご参加ください!!
https://novablog.work/minecraft-server/

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ