【丁寧に解説】v6プラス環境でのポート開放のやりかた

2020年8月26日

ポート開放をする前に学んでおきたい予備知識

ポート開放をする前に、少し知っておいてほしいことがあります。
v6プラスは従来のPPPoE接続とは違うところがあるので、そのことなどをしっかり理解したうえでポート開放してほしいのです。
下手すると、作業が進まず時間だけ過ぎていくことになってしまいます。

v6プラスについては、この記事で解説しています。
[初心者でもわかる!!]v6プラスとは?今までのPPPoE接続と何が違うの?

この記事に追加で、もう少し解説します。

v6プラスって何?」で解説した通り、複数のユーザーでIPv4アドレスが共有されます。
なので、開放できるポート番号には制限があります
利用できるポート番号はhttp://ipv4.web.fc2.com/map-e.htmlで確認できます。
これは契約が続く限り、ルーターを再起動しても、PCを初期化しても変えることはできません。
なので、Webサーバーを運営したいからって80番ポートが必ずしも開放できるとは限りません。
80番ポートを絶対使いたいというのなら、PPPoEに契約しなおしましょう。
v6プラスとPPPoEを同時に使う方法もありますが、プロバイダによっては追加料金がかかることもあるので、ここでは解説しません。
IPv6サーバーを建てればどのポートでも利用できるのですが、これではPPPoE接続の人が利用できなくなります。

またもう一つ知っていてもらいたいことがあります。
それは、ポート開放は大変危険な作業であるということです。
ポート開放は自分の家の鍵を開けたままにしておくことと同じで、いつ泥棒(攻撃者)に入られるかわかりません。
最悪の場合、自宅のPCがハッキングされ、自分のクレジットカード情報を盗まれることだってあります。
そのことを理解した上でポート開放を行ってください。
ちなみに、自宅サーバーのデメリットについては
【筆者が考える】自宅サーバーのいいところ・悪いところ
で少し取り上げています。

前述した通り、今から解説する方法はv6プラス(MAP-E方式)のみの場合なので、IPoE接続とPPPoE接続両方を利用した接続(従来の方法でポート開放できる)や、DS-Lite方式(ポート開放できない)、4rd/SAM(知らない)については解説しません!
予備知識が身についたところで、いよいよポート開放をしていきます。

v6プラスでのポート開放

今回はマイクラを例にポート開放をします。

http://192.168.1.1:8888/t/を開きます。
②「配信済事業者ソフトウェア一覧」が表示されると思うので、そこから「IPv4設定」を選択します。
③Topページに「利用可能ポート」というのが表示されると思うので、その中から使用するポートを選びます。
 筆者の場合、5510ポートが使えたので、5510ポートを使う前提で話を進めます(読者さんの利用可能ポートに置き換えて進めてください。)
③左のメニューから、「静的NAPT設定」を選び、「1」をクリックします。
 (1が使用済みならほかの番号でも大丈夫です)

静的NAPT設定

④この画面が表示されると思うので、以下のように設定してください。

設定の追加

筆者の場合はTCP/5510ポートを設定するので、以下のように設定します。

対象プロトコル:TCP
公開対象ポート:5510
宛先アドレス:192.168.1.x
宛先ポート:5510

⑤設定できたら「設定」をクリックします。

これでポート開放は完了です。
次にサーバーの設定をします。
(ここからはマイクラサーバーのみの設定となります。)

サーバーの設定(マイクラの場合)

①server.propertiesを開きます。
②「server-port=25565」となっているのを「server-port=5510」に変更します。
 (これ、実は「宛先ポート」と同じであれば利用可能ポートではなくても、どの番号も大丈夫なんですがややこしいので、公開するポートと同じにするために5510として進めています)
③サーバーを起動します

次にポート開放確認を行います。
https://www.akakagemaru.info/port/tcpport.phpにアクセスします。
②「確認したいポート番号(TCP)」にポート開放した番号(5510)を入力し、「ポート開放の確認をする」をクリックします。
③このように表示されれば完了です!!

ポート開放 確認

追記:サーバーへの接続

大切なことを解説し忘れてました!!
知恵袋でもこの手順を忘れてた方がいたので、追記しておきます。
(いやぁこのページを参考にしてくださってたみたいで嬉しいながらも、未完全な記事で申し訳なかったです<(_ _)>)

マイクラを起動して「マルチプレイ」→「サーバーを追加」を選びます。
下の画像のように、サーバー名は自由に、サーバーアドレスは「ローカルIP:ポート番号(server.propertiesに設定した番号)」にします。
デフォルトが25565ですが、今回開放したのは25565ポートではないので、明示的にポート番号を指定する必要があります。

自分自身が入るときは「ローカルIP:ポート番号」、ほかの人が入るときは「グローバルIP:ポート番号(公開対象ポート)」で接続します。
の人に入ってもらう場合でもポート番号は必須です!!




<NPサーバー>

マインクラフトサーバーを運営しています!

  1. 統合版、Java版どちらでも参加できます!
  2. 経済、サバイバル、PvP(実装中)など、様々な遊び方があります。
  3. 年齢は問いません!

是非ご参加ください!!
https://novablog.work/minecraft-server/

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ